総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事温泉旅館の格安予約サイト『一休.com』
日常から離れた極上の休日
【JTB】露天風呂付客室

金融 証券食品 料理文化 ギフト美容 結婚仕事 資格教育 学校旅行 観光人気 流行
運勢 未来健康 医療

秋田県 玉川温泉

湯めぐり 温泉郷 全国版
秋田県 玉川温泉


効き目はバツグンだが冬は寒さ対策も忘れずに♪
秋田県仙北市にある玉川温泉。
高血圧や動脈硬化・ガンなどの病気に効果があるとされ湯治場として有名な温泉です。
世界最強の温泉とも言われ、湯治場として使われていたことから温泉街がありません。
また長期滞在する人も多く、宿などは予約でいっぱいだとか。
そのため玉川温泉のすぐ近くに新玉川温泉が最近できたのです。
玉川温泉と違って、新玉川温泉は温泉旅行客向けにつくられた温泉です。
そのため、お湯の刺激も少なく入りやすいです。
この温泉地で有名なのは岩盤浴です。地獄地帯という地熱の高い部分が存在し、ゴザを引いて岩盤浴を楽しむ姿を目にします。
温泉旅行として、この岩盤浴目当てに来る人も少なくありません。

冬になれば、東北にある温泉だけあってあたり一面が雪景色になります。
たくさんの雪が降るため、雪下ろしをしている姿を見かけます。
人気の岩盤浴も冬には雪山につつまれます。
しかし地熱が高い部分では雪がとけるので、冬でも岩盤浴が楽しめます。
車が通ることができないため、専用の送迎バスにのって向かいます。
そこにはテント小屋があり、その中で岩盤浴を楽しめるようになっています。
他の季節とは違い、岩盤浴ができる場所も限られていますが、お客が絶えず順番待ちになってしまうこともあります。
また冬の岩盤浴を楽しむためには予約が必要なので注意が必要です。
岩盤浴で体が温まるとは言え、寒さ対策の防寒着や雪道を歩くための長靴を忘れないようにしましょう。

秋田県“癒しの名湯”「玉川温泉」を自宅のお風呂に再現!

家庭用天然ラジウム温浴器【玉川の花湯】

消費税還元5%OFFキャンペーン!

2月末まで!


posted by 湯めぐり温泉郷 全国版 記録の細道 at 13:40 | Comment(0) | 秋田県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

和歌山県 川湯温泉

和歌山県田辺市本宮町にある川湯温泉。
大阪から4時間半程度かかります。
大塔川沿いにあり共同浴場や旅館などがあります。川底から気泡が上がるのが見えます。
川原を掘ると温泉が出てくることで有名な温泉です。自分でも簡単に自然の露天風呂が作れると人気があります。
効能は神経痛や冷え性・美肌に良いとされ、飲むこともできます。


この川湯温泉の特徴は冬になると川をせき止めてつくる巨大な露天風呂です。
11月から2月までの限定のこの露天風呂は仙人風呂といいたくさんの旅行客が訪れます。
夜には満点の星、早朝にはせせらぎを聞きながら温泉を楽しめます。
一度に1000人は入ることができる温泉は冬の風物詩にもなっています。

冬の温泉旅行で楽しみなのは雪見露天風呂。
川湯温泉ではたくさんの雪は降りませんが、川沿いの木々に薄っすら雪が積もることがあります。
いつでも見ることができるわけではありませんが、いつもと違った景色を温泉に入りながらみるのはとても気持ち良いです。


仙人風呂は冬の川の水量が少なくなったのを利用して作られますが、雨や雪で水が増水すると温泉が川水に浸食されることがあります。
そうなると、温泉は閉鎖されてしまいます。
川湯温泉旅行に行く場合は、天気をチェックしていくことをお勧めします。

川湯温泉は熊野本宮大社から車で10分程度ということもあり、温泉旅行だけでなく観光旅行のついでに立ち寄り湯として利用する人も多くいます。
熊野本宮大社を含めた古代建築は世界遺産として認められており、川湯温泉は世界遺産の中にある温泉としても有名です。






posted by 湯めぐり温泉郷 全国版 記録の細道 at 11:22 | Comment(0) | 和歌山県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

群馬県 草津温泉


群馬県草津町にある草津温泉は日本三名泉に数えられる有名な温泉です。
効能としては皮膚病や神経痛・糖尿病によいとされています。恋の病以外にはすべて効くなんて話もあります。





草津温泉で目を引くのが、温泉街の中心にある源泉の湧き出る湯畑です。
滝のように流れている源泉は観光スポットでもあります。
冬になればこの湯畑はライトアップされます。
11月下旬から2月末までの限定で、湯畑から湧き上がる湯煙とライトの光りが観光客を惹きつけます。
寒い日であれば雪が積もるので、とても綺麗です。
湯畑のそばにある足湯につかりながら、雪景色をみるのもいいですね。
冬の草津温泉は特に人気があります。




また湯畑には湯の花と言われる花があります。草津温泉のお土産として知られています。
1月末には湯畑の湯の花を採るイベントがあります。
この時期に温泉旅行を計画すれば、イルミネーション・雪・湯の花が楽しめます。
草津温泉には共同浴場と呼ばれるお風呂がたくさんあります。
温泉旅行で色々なお風呂に無料で入れるのはうれしいですよね。
湯畑の近くでいうと白旗の湯や千代の湯などがあり、その他にも温泉街にはたくさんの共同浴場があります。




お金を払えば入れる内湯もたくさんあり、草津にくれば温泉めぐりだけで一日を過ごすことができます。
もちろん旅館でも温泉を楽しめます。
内湯や旅館の温泉であれば冬には雪見露天風呂を楽しむことができるでしょう。
たくさんの温泉がありすぎて、一度では入りきれないので何度も足を運ぶ人も多いようです。






posted by 湯めぐり温泉郷 全国版 記録の細道 at 14:54 | Comment(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岡山県 湯原温泉郷

岡山県北部真庭市にある湯原温泉郷。
湯原温泉・下湯原温泉・真賀温泉・郷緑温泉・足温泉の5つからなる温泉街です。
高速バスで、岡山駅から約2時間半で行けます。
主な効能は慢性関節リウマチや神経痛によいとされています。
湯原温泉090105jpg
過去に露天風呂番付で西の横綱になったことのある砂湯は今でも人気です。
川底から温泉と一緒に砂が噴き出ていることから砂湯とよばれるようになりました。
この湯原温泉の特徴としては、混浴である事や24時間無料で温泉に入ることができる所です。
またこの温泉に入るには決まったマナーがあるのできちんと守るようにしましょう。
温泉旅行客だけではなく、たくさんの住民が使っている温泉で、住民に守られてきた温泉なのです。

この湯原温泉は西の横綱として選ばれただけではなく、雪景色の素晴らしい温泉として1位に選ばれた事のある温泉なのです。
湯原温泉街は山に囲まれ冬になれば、温泉街一体が白銀の世界になります。
もちろん雪見露天風呂を楽しむこともできます。
湯原温泉090105「jpg
また、バレンタインの時期になると、砂湯一帯にキャンドルが灯されます。
その数は626本とかなり多く、雪とキャンドルの灯りの中入る温泉はとてもロマンティックです。
湯原温泉に行くなら冬の季節、さらには2月頃を狙っていくと楽しめるでしょう。

最近では下湯原温泉に男女別の有料露天風呂ができたり、ペット専用の露天風呂という珍しい温泉ができたりしています。
ペットを連れて温泉旅行を楽しむのもいいですね。







posted by 湯めぐり温泉郷 全国版 記録の細道 at 14:30 | Comment(0) | 岡山県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。