総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事温泉旅館の格安予約サイト『一休.com』
日常から離れた極上の休日
【JTB】露天風呂付客室

金融 証券食品 料理文化 ギフト美容 結婚仕事 資格教育 学校旅行 観光人気 流行
運勢 未来健康 医療

奥鬼怒温泉

「卸値」だから安い!しかも直前は大幅値下げ!/トクー!


奥鬼怒温泉郷
湯めぐり温泉 全国版

okukinuonsen.jpg


栃木県日光市にある温泉を指している奥鬼怒温泉郷。
奥鬼怒温泉郷は加仁湯や八丁の湯・日光沢温泉・手白澤温泉の4つからなっており、どれも一軒宿であるのが特徴です。
かつてこの温泉郷は秘湯と呼ばれ、簡単には入ることのできない温泉で有名だったのです。
どの温泉も人気があり、温泉旅行地として名高いです。
しかし奥鬼怒温泉郷には車で入ることができないため、バスか徒歩で行くことになります。
どの温泉も歩いては行けますが2時間程度かかってしまいます。また山奥にあることから坂道が多いのであまりお勧めできません。
奥鬼怒温泉のお勧めの時期は冬です。
紅葉の季節の秋も綺麗ですが、冬に雪が積もった中入る温泉は別世界のようです。
ただし、日光沢温泉は送迎をやっていないので注意しましょう。もちろん自家用車で入ることも禁止されています。
また、送迎をしてくれるのは加仁湯と八丁の湯だけです。

okukinu_kaniyu.jpg


どの宿も露天風呂がメインであるため、すべての宿で雪見露天風呂が堪能できますが、交通の便から考えると冬に楽しめるのは加仁湯と八丁の湯になりそうです。
冬に温泉旅行に行くなら、八丁の湯がお勧めです。
鬼怒川の渓谷沿いにあり、深い谷底に温泉があります。加仁の湯からも見下ろすことのできる温泉宿です。
そのため、周りには山と川しかないので雪がつもるとあたり一面雪になってしまいます。
いつもは見ることのできない雪景色を楽しめます。女性専用の露天風呂も用意されているのが嬉しいですね。
【直前予約No.1】トクー!トラベル


日本旅行
posted by 湯めぐり温泉郷 全国版 記録の細道 at 06:29 | Comment(0) | 栃木県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宮城県 鳴子温泉郷

【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!


鳴子温泉郷
湯めぐり温泉郷 全国版

narukoonsen.jpg


宮城県大崎市にある鳴子温泉郷。
源泉は約400本もあり、泉質も日本にある11種類のうち9種類が鳴子温泉郷で揃ってしまうほどの名湯なのです。
湯色や効能もそれぞれの温泉で異なるため、湯めぐりが楽しめます。
鳴子温泉駅を降りると、温泉街が広がります。
駅前には足湯があり、旅館はもちろん共同浴場もあります。
鳴子温泉を中心に、東鳴子温泉・中山平温泉・川渡温泉・鬼首温泉をまとめて鳴子温泉郷といい大きな温泉街になっています。
どの温泉にもホテルや旅館がたくさんあり、いつも温泉旅行客で賑わっています。

narukoonsen2.jpeg


鳴子温泉には鳴子峡があり、秋には紅葉の名所として知られています。
紅葉の時期にはたくさんの旅行客が訪れます。
そんな鳴子峡も冬になれば、一面が真っ白の雪化粧をします。
木々に積もった雪や橋にかかった雪が秋とは全く違った顔を見せます。
秋から冬にかけての鳴子峡の移り変わりはとても綺麗で、温泉旅行客もたくさん訪れます。

山間にある鳴子温泉郷は冬の時期には雪見風呂が楽しめます。
旅館によっては貸切露天風呂がある場所もあるので、冬の雪が降る時期には旅館でゆっくり雪見露天風呂を楽しむのも風情があっていいですね。
冬と言えば、中山平温泉でイベントが開かれています。
スノーランタンフェスタというもので、雪と光の幻想的な空間を作り出したものになります。
中山平温泉では温泉街だけでなく民家にも光を灯すため、町全体が幻想的な雰囲気をかもし出します。
光には廃油ろうそくを使うなど、自然にやさしい取り組みを行っています。

日本旅行



posted by 湯めぐり温泉郷 全国版 記録の細道 at 06:23 | Comment(0) | 宮城県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お父さんを癒そう




【じゃらん】料理、温泉、おもてなし…クチコミで選ばれた人気宿ランキングPowered by A8.net
momobgyoko.JPG

父の日
お父さんを癒そう
湯めぐり温泉郷全国版

さて父の日と言えば「お父さん」に日ごろの感謝の気持ちをこめて贈り物をする日です。
この「お父さん」というのは、結婚されている人ならば「義父」も入ります。そして義理のお父さんに贈る品を考えるのが、非常に困るのです。
自分のお父さんならば好みもわかるでしょうし、少しくらい変な物でも笑って済まされます。
しかし義理のお父さんだとそうはいきません。
気心の知れた関係になっていたとしても、多少は気を使いますよね。
あまりに高価だとかえって気をつかわせるし、あまりに安価でもよろしくないし…。
そこで、温泉にご招待するのはどうでしょうか。普段疲れているお父さんに温泉は最高のプレゼントになりますね。

湯めぐり温泉≫おすすめ温泉はこちら

でも、ちょっと予算が・・。ということで、そこでそこそこの値段で買えて、なおかつ普段も使えるような父の日の贈りものはないかと考えた結果、「枕」はどうかと思いつきました。
しかも夜に寝る枕ではありません。夜寝るときに使う枕だと、これはこれでまた難しくなってきます。
枕はこだわる人はこだわっています。
肩こりや腰の痛いお父さんならば、枕一つでかなり影響を及ぼしてしまうので要注意です。
おすすめなのが、「ごろ寝枕」です。


【ひのきのゴロ寝まくら(生成り)】
ちょっとテレビを見るときにあると便利な「ごろ寝枕」は、なかなか重宝されるのです。
柄も和風な感じのものが多数出ています。
派手すぎず地味すぎず、お父さんのイメージに合った色や柄を選ぶと喜ばれるでしょう。
ごろ寝枕だけでは物足りないな、と思うので、そんな時は入浴剤を付け加えてはいかがでしょうか。
各地の温泉シリーズの入浴剤とセットにして、「くつろぎセット」といった感じにして父の日に贈ってみてはいかがでしょうか。



薬用入浴剤湯めぐり100P バラエティーセット


posted by 湯めぐり温泉郷 全国版 記録の細道 at 16:03 | Comment(0) | 父の日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新潟県 越後湯沢温泉

新潟県 越後湯沢温泉
湯めぐり温泉郷全国版

etigoyuzawa.jpg


越後湯沢温泉は新潟県の最南端にあり、川端康成の「雪国」という小説の舞台でも知られています。
年間を通して人気があり、共同浴場や多くの宿泊施設があります。
温泉旅行としてくる人が多いですが、冬になればスキー客も増えます。
この温泉の効能は神経痛や筋肉痛・冷え性などに良いとされています。
外湯で人気があるのは川端康成もつかったといわれる山の湯。
温泉街からは少し離れた場所にあるせいか地元の人たちで賑わっています。
山の湯同様人気があるのが駒子の湯です。
「雪国」に出てくるヒロインにちなんで名前がつけられた温泉です。
温泉もさることながら、「雪国」の資料が展示されており、ちょっとした観光ができると人気があります。
小説のタイトルにもなるぐらいの雪国であるため、冬の温泉旅行は人気です。
雪見露天風呂やスキー場のイベントなど、旅行客を楽しませるものがたくさんあります。
旅館に露天風呂があれば、冬には雪見露天風呂を楽しむことができます。
越後湯沢温泉の旅館はどれも人気がありますが、その中でも人気の温泉を紹介します。
湯沢グランドホテルは種類も多くゆったり入ることができ、もちろん冬には雪見を楽しめます。

露天風呂付の個室があるのも人気の一つです。
冬のイベントとしては湯沢温泉まつりが毎年3月に開かれており、花火や雪中神輿などが見ることができます。
他にもキャンドルライブとして、数千本のキャンドルがゲレンデを彩ります。
12月の下旬から「足湯かんなっくり」周辺でもキャンドルがともされています。

posted by 湯めぐり温泉郷 全国版 記録の細道 at 06:56 | Comment(0) | 新潟県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥取県 三朝温泉

温泉宿予約は「楽天トラベル」


鳥取県 三朝温泉
湯めぐり温泉郷 全国版

鳥取県三朝町にある温泉街が三朝温泉です。
三徳川の両岸にたくさんの旅館が立ち並ぶ温泉街です。
情緒ある雰囲気が温泉旅行客を楽しませています。
この三朝温泉のお湯は世界屈指のラジウム含有量を誇っていることで有名です。
旅行としてだけではなく、療養目的で訪れるひとも多いのがこの温泉の特徴です。
kawaharayu.jpg

三朝温泉の中でも人気があるのが河原風呂です。
川沿いにある温泉で、無料で入れる混浴露天風呂や足湯があり、24時間誰でも入ることができます。
旅館とは違って川のすぐそばにあるので、丸見え状態であるのが欠点ですが、普段なかなか体験することのない温泉として人気です。
旅の疲れを癒す旅行客だけでなく、地元の人もたくさんいます。
冬であればもちろん雪景色も楽しめます。
旅館での露天風呂を味わうのもいいですが、川の流れる音を聞きながら温泉に入るのも風情があります。
雪が積もると屋根などがないため、着替えなどが大変です。
冬この地を温泉旅行地として選ぶ人の多くは温泉だけではなく、カニ料理を目的としている人もいます。
日本海側である鳥取は冬になれば、美味しいカニがたくさん取れます。
旅館によっては冬限定でカニの食べ放題をやっているお店もあるので要チェックです。

miasa_kani.jpg


冬のイベントとしては三朝温泉ぽかぽかラリーというものがあります。
温泉街の名所や旧跡を周りながら温泉情緒を満喫するというイベントです。
約3キロのコースですが優勝者には宿泊券が当たるなど、楽しめること間違いなしです。



posted by 湯めぐり温泉郷 全国版 記録の細道 at 07:34 | Comment(0) | 鳥取県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

兵庫県 城崎温泉

温泉旅館   Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

兵庫県 城崎温泉
湯めぐり温泉郷 全国版

sirosakionsen.JPG


兵庫県豊岡市にある城崎温泉。川沿いに温泉街あり、歓楽街は少なく情緒があるのが特徴です。
この温泉は外湯がメインであり、一の湯・御所の湯・まんだら湯・鴻の湯・地蔵の湯・柳湯・さとの湯の7個で形成されています。
夏になれば、浴衣に下駄を履いて歩く人が目立ちます。温泉旅行客がそれぞれの旅館の浴衣を着て、街を散策する風景はどこか懐かしい感じがします。
sirosaki1.jpg

外湯で一番人気なのは一の湯です。
なんといっても洞窟風呂という変わったお風呂が人気です。
もちろん他の外湯も人気で露天風呂は観光客で賑わっています。
この7つのお湯にはそれぞれ効能があります。
合格祈願や商売繁盛・良縁成就・家内安全など面白い効能があるので気になる温泉にはいってみるのもいいでしょう。
外湯以外に足湯も5箇所あり、湯飲場もあります。
散策しながら、全てのお湯を堪能できるようにしたいですね。

冬には一晩でかなりの雪が降ることもある城崎温泉。
一気に冬景色に変わってしまいます。
冬に温泉旅行をしたいという人がたくさんいますが、城崎温泉は大阪からも近く交通の便がとてもいいため旅行地に選ぶにはちょうど良い場所なのです。
かにかに特急が冬だけ走っているので、なおさら便利になります。
外湯を楽しんだ後は旬のカニ料理を旅館で楽しむのがよさそうです。

冬場のカニが有名な城崎温泉では、11月〜3月にかけて冬物語というイベントがあります。
温泉街がライトアップされるなど見所もあります。また美味しいカニが食べることのできるイベントもあります。
日本旅行



 
posted by 湯めぐり温泉郷 全国版 記録の細道 at 06:35 | Comment(0) | 兵庫県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

島根県 有福温泉


  Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

有福温泉
湯めぐり温泉郷 全国版

arifuku_onsen.jpg


島根県江津市にある有福温泉。
山の斜面に旅館や民間がひな壇のように立ち並ぶ姿が山陰の伊香保と言われています。
石段が入り組んでいる風景は情緒があります。
9軒の旅館と、3軒の共同浴場があります。古くからある御前湯が有名です。
この御前湯には共同浴場にしてはめずらしく家族風呂がついているので、温泉旅行にきても気兼ねすることなくゆっくり楽しめます。
他にもさつき湯ややよい湯があり、湯めぐりが楽しめます。
ここの温泉は美しい白肌をつくるとされ、美人の湯としても有名です。

有福温泉に泊まるのにお勧めの宿は旅館樋口です。
その理由として露天風呂の数があげられます。
部屋付き露天風呂や貸切露天風呂がたのしめるからです。
冬のシーズンには雪見露天風呂にゆっくりつかれると人気があります。
誰にも邪魔されることなく楽しむことができる温泉旅行もいいものです。
共同風呂には露天風呂がなく、宿に泊まってはじめて露天風呂に入ることができます。
もちろん日帰り湯ができる旅館もありますが、湯めぐりができる共同浴場だけなので、たくさんの温泉を楽しみたいと言う人には不便かもしれません。

冬になればもちろん、日本海で取れたカニが食卓に並びます。
カニならば、日本海に接する温泉旅行地で食べることができますが、有福温泉ではぼたん鍋も楽しめます。
冬に温かい鍋を食べるのは幸せです。さらに山間にある温泉地だからこそ食べることのできるいのししのお肉。
カニではなくぼたん鍋に挑戦してみるのもいいかもしれません。

豪華ホテル宿泊券プレゼント! by 一休.com

posted by 湯めぐり温泉郷 全国版 記録の細道 at 06:13 | Comment(0) | 島根県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。