総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事温泉旅館の格安予約サイト『一休.com』
日常から離れた極上の休日
【JTB】露天風呂付客室

金融 証券食品 料理文化 ギフト美容 結婚仕事 資格教育 学校旅行 観光人気 流行
運勢 未来健康 医療

じゃらん じゃらん




posted by 湯めぐり温泉郷 全国版 記録の細道 at 07:48 | Comment(0) | 旅行更新記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

群馬県 四万温泉

国内ホテルの格安予約サイト『一休.com』


群馬県吾妻郡中之条町にある四万温泉。東京駅から直通のバスもでており温泉旅行地として人気があります。
四万川沿いに広がる温泉街は5つの地区に分かれており、日向見温泉は四万温泉の発祥の地としても有名です。
四万の病気を治す湯という意味からつけられた四万温泉。治湯としても人気があり、地元の人にも愛されています。



四万温泉の特徴は自然に囲まれていることです。
四季を肌で感じることができるのが人気の一つです。
猿などの野生動物にも会う事ができ、冬には運がよければニホンカモシカに会えます。
四季折々の表情をみせる四万温泉街ですが、雪景色はとても綺麗です。
雪が積もればモノクロ写真のような風景が楽しめます。
どの旅館からでも雪景色が楽しめ、露天風呂があれば雪見露天が楽しめます。
四万温泉でお勧めなのは山口露天風呂です。

siman_yamagutiroten.jpg


山口露天風呂は共同浴場で、誰でも無料で入ることができます。
混浴露天風呂が4つあり、川沿いに湯小屋が建っています。
4つの温泉は温度も違うため、自分の好きなお風呂に入ることができます。
外からは丸見えなので若干気になりますが、お湯はとても気持ちがいいです。
冬には冷え切った体を温めてくれます。
この露天風呂に入るなら、冬の時期がお勧めです。もちろん雪景色が楽しめます。
岩や山に積もった雪を見ながら入る温泉はとても気持ちがいいです。
また熱すぎないお湯と外の寒さの加減がちょうどよいため、ゆっくりつかれます。
宿の露天風呂もいいですが、四万温泉にきたら是非入っておきたい温泉です。




posted by 湯めぐり温泉郷 全国版 記録の細道 at 14:24 | Comment(0) | 旅行更新記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

加賀温泉郷

加賀温泉郷
湯めぐり温泉郷 全国版

kagaonsen.JPG


石川県にある加賀温泉郷。大阪から電車で、3時間程度で行くことがでる温泉郷です。
加賀温泉郷で有名なのは山代温泉や山中温泉、片山温泉などで、温泉旅行客で連日の賑わいをみせています。

加賀温泉郷は、特に山代温泉や山中温泉は冬は雪見露天風呂が楽しめ、秋には紅葉と四季折々の気分を味わうことが出来る温泉郷です。


他にも加賀温泉郷が人気の秘密があります。
それは食です。日本海の海の幸もお米も美味しいのです。
冬になれば北陸名産のカニを食べることのできる旅館がたくさんあり、温泉だけでなく料理を楽しみにしてくる旅行客もたくさんいます。
宿によってはカニの食べ放題があるので、旅行客を楽しませてくれます。
温泉も気持ちよく、料理も美味しいことが温泉旅行地として特に人気をよんでいるのです。

では、それぞれの温泉の特徴を見てみましょう。
まずは山代温泉です。この温泉の特徴は無味無臭である事です。
温泉の硫黄臭さが苦手という人でも入れます。3つの泉質があり、旅館によって効能が異なるので調べてから泊まるようにしましょう。

次に山中温泉です。山中温泉は有馬や草津と並ぶ名湯でとても人気があります。
松尾芭蕉が山中温泉を気に入り、句を残したことでも有名です。
加賀温泉郷の中でも一番泉質の種類が多く、色々なお湯が楽しめます。

片山津温泉は加賀温泉郷の中ではもっとも新しく湖中に源泉が発見され、一部を埋め立ててつくられています。
温泉の周りを潟が取り囲む形になっており、他の温泉とは違う楽しみ方ができます。

最後に粟津温泉です。日本最古の温泉と言われ、無色透明の純度100%というめずらしい温泉です。

加賀温泉郷 山城温泉「葉渡莉」


木の香りゆかしい粋な純和風のしつらい。ご家族、ご友人、そして小グループのお客様に最適なお部屋をご用意しております。
天然木や和紙、土壁など、ぬくもりある素材を用いた情緒あるしつらい。また、お年寄りの方にも安心のバリアフリー設計を取り入れるなど、人と自然にやさしい空間をご提供いたします。
また、加湿器、空気清浄機の貸し出し(数に限り有り)も行っております。ご希望の場合、コメント欄へご記入くださいませ。
※ご希望に添えない場合はご了承下さいますようお願い致します。



posted by 湯めぐり温泉郷 全国版 記録の細道 at 10:38 | Comment(0) | 旅行更新記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ETC割引の内容

ETC割引の内容

湯めぐり 温泉郷 全国版
ETC.jpg


・ETC休日特別割引 明細はこちら≫≫

・ETC助成制度・キャンペーン 明細はこちら≫≫


激安旅行を楽しむためには、旅行にかかる出費をおさえる方法を考えなくてはいけません。
旅行にかかる大きな出費といえば、交通費がありますね。
交通費を節約する方法には様々なものがありますが、自動車を使う場合は「ETC割引」について考えてみましょう。

ETCは初期費用がかかるから・・と考える人も多いかと思いますが、早い人では1ヶ月程度、有料道路は年に数回だけという人でも約1年で初期費用を取り戻せるだけの割引を受けることができますよ。
ETC割引には、具体的にどのようなものがあるのでしょう。

・深夜割引
平日、休日の午前0時?4時まで、50%割引です。
平日の午後10時〜翌日午前0時まで、30%割引です。

・通勤割引
午前6時?午前9時までと午後5時〜午後8時までの間、入り口または出口の料金所を通過すると、50%割引になります。ただし1回の走行距離は100km以内まで、それ以上の距離に関しては通常料金となります。
同じ車両について、午前と午後、それぞれ1回ずつ適用されます。

・休日昼間割引
休日(土日、祝日)の午前9時?午後5時までの間、入り口または出口の料金所を通過すると、50%割引になります。ただし1回の走行距離は100km以内まで、それ以上の距離に関しては通常料金となります。同じ車両について、1日に2回まで適用されます。

これだけ様々な割引が用意されているのなら、やはりETCは利用した方が良さそうですね。まだ利用していない人は、是非検討してくださいね。

お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by 湯めぐり温泉郷 全国版 記録の細道 at 13:49 | Comment(0) | 旅行更新記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香港旅行の昼間観光

湯めぐり 温泉郷 全国版 香港旅行
香港旅行の昼間観光


香港に旅行に行ったら、飲茶に夜景にと夜のネオンを楽しみに行く人も多いのではないでしょうか。あの都会的な夜景を見るからこそ香港に行く甲斐があると言う人も多いと思います。
でもちょっと待ってみて下さい。
昼間の香港にも目を向けてみてはいかがでしょうか?香港に行くと夜は絶景スポットを楽しみ、昼間はショッピングを楽しむと言うパターンが多いと思いますが、良く調べてみると昼間にも観光が出来るスポットが香港にはあります。
abenyuofstar.jpg【星光大道】(アヴェニュー・オブ・スターズ)
と言う場所を知っていますか?九龍半島にあるのですが、香港で有名なスター等の象や手形等が飾られています。どんなスターかと言うと昔の映画スターであるブルース・リー、今でも大人気の映画スターであるジャッキー・チェン等があります。また映画の撮影現場の風景をモチーフにしたオブジェがあったりしてたくさん記念写真を撮るにはベストポイントだと思います。
また香港島南部にある「赤柱」と言う海辺の街があります。ここは欧米人にはとても人気がある観光地で、ビーチやレストラン、パブなどもあります。昼間でもお酒を飲みながらビーチでのんびりするのもとても良い観光の仕方なのではないかと思います。
こう言う風に考えてみると、夜の香港も良いですが、昼間の香港もなかなか捨てがたい物があると思います。是非昼も夜も楽しみきって旅行してみてはいかがでしょうか。きっと良い思い出になると思いますよ。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

春旅行 バスツアー春旅行 苺狩りオススメ品種春旅行 海外卒業旅行



posted by 湯めぐり温泉郷 全国版 記録の細道 at 10:40 | Comment(0) | 旅行更新記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

春の団体温泉旅行

湯めぐり温泉郷 全国版 春旅行
春の団体温泉旅行
gensen_kakenagasi.jpg


春、団体で温泉旅行に行こうという方々も多いと思います。
温泉は全国にありますが、考える限り、どの温泉も入ってみなければわからないですよね。たまの自分のご褒美だから、トータルで満足いくものにしたいですね。温泉を選ぶポイントをピックアップしてみました。
温泉に行くなら、やはり食べ物が楽しみであります。ビールを片手に、その土地の名産や、特産物に舌鼓を打ちたいものです。
温泉を満喫した後の、グルメにこだわる。絶品の、食材にもこだわった海の幸・山の幸で楽しみたいです。
温泉自体は、やはり源泉掛け流しがいいですね。再利用している温泉が主ですが、循環、ろ過しないで利用するのが、源泉掛け流しです。
そして、眺めが良いのが一番です。ただの壁よりも、遠くに広がる景色を見やりながら、温泉に浸れたら、こんな気分転換はないことでしょう。源泉の、効用のあるお湯に入った後は、もちもちとしたなめらかな肌触りを体験したいものです。
団体旅行などで温泉旅行に行くときに気になるのは、温泉はもとより、宿や宴会場などの広さでしょう。
人数や社員旅行の規模にもよって、規定により利用できない場合もあるので、しっかりと確認して選びたいポイントです。
みんなでゴルフをする場合も多いですね。スポーツ後で適度に疲れたあとの温泉は、格別なものがありますね。温泉は、癒しの効果も大いにあります。
心身ともにリラックスできる温泉とゴルフで、二度おいしい贅沢なひとときを味わいたいものです。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

宿ぷらざ


メタボリック症候群 特定健診制度 メタボリック症候群 特定保健指導メタボリック症候群 食生活


posted by 湯めぐり温泉郷 全国版 記録の細道 at 18:15 | Comment(0) | 旅行更新記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

春の温泉

湯めぐり温泉郷 全国版 春旅行
春の温泉

onsen.jpg


雪解けの春、寒さで固まった体を、ゆっくりとほぐすのもよいですね。
日本全国、本当に温泉は沢山あり、どれにするのかも迷ってしまいますが、口コミランキングを調べてみました。
東京発の人気温泉は、
1位はやはり日本一の自然湧水量を誇る草津温泉です。
2位が伊香保温泉、
3位が鬼怒川温泉、
4位が石和温泉、
5位が箱根温泉です。

そして、伊豆温泉・修善寺温泉なども人気です。

大阪発の人気温泉は、
1位が有馬温泉、
2位が下呂温泉、
3位が城崎温泉、
4位が黒川温泉、
5位が道後温泉でした。

その中で下呂温泉は、飛騨牛や地酒を堪能できます。

温泉で、源泉から湧き出るそのままの温泉水を、湯船にて使用することを、源泉掛け流しといいます。
非常に贅沢なことですが、昨今はお湯の供給量不足により、現在の現状としては、源泉掛け流しの温泉は、日本全国の2割弱ではないかと言われています。
温泉をろ過、循環させるところが主ですが、有効的活用と、貴重な温泉資源を保つために、決して悪いことではありませんが、行過ぎてしまうと、大切な、有効な温泉成分までが極端にろ過されてしまい、結局温泉がただのお湯に近いものになってしまうこともあるので、希望としては、出来ることなら、温泉成分が沢山入った、源泉掛け流しに入りたいものです。
そして、眺めが良いのも大切なポイントです。春の団体旅行の場合は、人気の温泉地の宿の予約は大変です。旅行会社に早めに相談しておくことが大切です。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 湯めぐり温泉郷 全国版 記録の細道 at 12:43 | Comment(0) | 旅行更新記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

川湯温泉

和歌山県田辺市本宮町にある川湯温泉。
大阪から4時間半程度かかります。
大塔川沿いにあり共同浴場や旅館などがあります。川底から気泡が上がるのが見えます。
川原を掘ると温泉が出てくることで有名な温泉です。自分でも簡単に自然の露天風呂が作れると人気があります。
効能は神経痛や冷え性・美肌に良いとされ、飲むこともできます。

この川湯温泉の特徴は冬になると川をせき止めてつくる巨大な露天風呂です。
11月から2月までの限定のこの露天風呂は仙人風呂といいたくさんの旅行客が訪れます。
夜には満点の星、早朝にはせせらぎを聞きながら温泉を楽しめます。
一度に1000人は入ることができる温泉は冬の風物詩にもなっています。

冬の温泉旅行で楽しみなのは雪見露天風呂。
川湯温泉ではたくさんの雪は降りませんが、川沿いの木々に薄っすら雪が積もることがあります。
いつでも見ることができるわけではありませんが、いつもと違った景色を温泉に入りながらみるのはとても気持ち良いです。

仙人風呂は冬の川の水量が少なくなったのを利用して作られますが、雨や雪で水が増水すると温泉が川水に浸食されることがあります。
そうなると、温泉は閉鎖されてしまいます。
川湯温泉旅行に行く場合は、天気をチェックしていくことをお勧めします。

川湯温泉は熊野本宮大社から車で10分程度ということもあり、温泉旅行だけでなく観光旅行のついでに立ち寄り湯として利用する人も多くいます。
熊野本宮大社を含めた古代建築は世界遺産として認められており、川湯温泉は世界遺産の中にある温泉としても有名です。

赤い風船
続きを読む
posted by 湯めぐり温泉郷 全国版 記録の細道 at 05:00 | Comment(0) | 旅行更新記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

草津温泉

群馬県草津町にある草津温泉は日本三名泉に数えられる有名な温泉です。
効能としては皮膚病や神経痛・糖尿病によいとされています。恋の病以外にはすべて効くなんて話もあります。

草津温泉で目を引くのが、温泉街の中心にある源泉の湧き出る湯畑です。
滝のように流れている源泉は観光スポットでもあります。
冬になればこの湯畑はライトアップされます。
11月下旬から2月末までの限定で、湯畑から湧き上がる湯煙とライトの光りが観光客を惹きつけます。
寒い日であれば雪が積もるので、とても綺麗です。
湯畑のそばにある足湯につかりながら、雪景色をみるのもいいですね。
冬の草津温泉は特に人気があります。

また湯畑には湯の花と言われる花があります。草津温泉のお土産として知られています。
1月末には湯畑の湯の花を採るイベントがあります。
この時期に温泉旅行を計画すれば、イルミネーション・雪・湯の花が楽しめます。

草津温泉には共同浴場と呼ばれるお風呂がたくさんあります。
温泉旅行で色々なお風呂に無料で入れるのはうれしいですよね。
湯畑の近くでいうと白旗の湯や千代の湯などがあり、その他にも温泉街にはたくさんの共同浴場があります。
お金を払えば入れる内湯もたくさんあり、草津にくれば温泉めぐりだけで一日を過ごすことができます。
もちろん旅館でも温泉を楽しめます。
内湯や旅館の温泉であれば冬には雪見露天風呂を楽しむことができるでしょう。
たくさんの温泉がありすぎて、一度では入りきれないので何度も足を運ぶ人も多いようです。

tabi2(旅ツウ)
posted by 湯めぐり温泉郷 全国版 記録の細道 at 06:00 | Comment(0) | 旅行更新記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

湯原温泉郷

岡山県北部真庭市にある湯原温泉郷。
湯原温泉・下湯原温泉・真賀温泉・郷緑温泉・足温泉の5つからなる温泉街です。
高速バスで、岡山駅から約2時間半で行けます。
主な効能は慢性関節リウマチや神経痛によいとされています。

過去に露天風呂番付で西の横綱になったことのある砂湯は今でも人気です。
川底から温泉と一緒に砂が噴き出ていることから砂湯とよばれるようになりました。
この湯原温泉の特徴としては、混浴である事や24時間無料で温泉に入ることができる所です。
またこの温泉に入るには決まったマナーがあるのできちんと守るようにしましょう。
温泉旅行客だけではなく、たくさんの住民が使っている温泉で、住民に守られてきた温泉なのです。

この湯原温泉は西の横綱として選ばれただけではなく、雪景色の素晴らしい温泉として1位に選ばれた事のある温泉なのです。
湯原温泉街は山に囲まれ冬になれば、温泉街一体が白銀の世界になります。
もちろん雪見露天風呂を楽しむこともできます。
また、バレンタインの時期になると、砂湯一帯にキャンドルが灯されます。
その数は626本とかなり多く、雪とキャンドルの灯りの中入る温泉はとてもロマンティックです。
湯原温泉に行くなら冬の季節、さらには2月頃を狙っていくと楽しめるでしょう。

最近では下湯原温泉に男女別の有料露天風呂ができたり、ペット専用の露天風呂という珍しい温泉ができたりしています。
ペットを連れて温泉旅行を楽しむのもいいですね。


tabi2(旅ツウ)
posted by 湯めぐり温泉郷 全国版 記録の細道 at 06:00 | Comment(0) | 旅行更新記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

白骨温泉

白骨温泉は乳白色の湯で有名な長野県安曇村にある温泉です。
この温泉の効能は婦人病・糖尿病・神経痛・胃腸病などに効くと言われています。
特徴としてはこの温泉を飲む事ができ、飲んだ方がより効果が表れるとか。
また3日入れば3年は風邪を引かないと言われることで有名です。
隠れた秘湯があるとされ、温泉旅行でも人気のスポットです。
白骨温泉は自然に囲まれた山里にあり、冬には雪がつもり雪見風呂が楽しめます。
年によっては5月の末ごろまで雪が残ると言われています。

そんな白骨温泉へ旅行に行くなら、秋と冬がお勧めです。
紅葉シーズンの露天風呂はとても気持ちがよく、10月半ばが見ごろになります。
山が赤や黄色に色づいた姿に癒されます。

そして冬と言えば雪見露天風呂ですね。
冬になれば白骨温泉につながる林道が3つのうち2つも通行止めになるため、温泉旅行客が減ってしまいます。
しかし、冬の雪見露天風呂は綺麗だと言う評判があり、密かな人気を集めています。
また冬季限定の宿泊プランを用意している宿もあるので行く前にチェックしましょう。

白骨温泉街から少し離れた場所に小梨の湯笹屋という宿があります。
白樺に囲まれたこの温泉は白骨温泉の秘湯の一つとして有名です。
リピーターも多く、平日でもなかなか宿が取れないほどの人気ぶりです。
他にも泡の湯や湯元齋藤旅館など秘湯と知られる宿がたくさんあります。

名古屋から電車とバスで約2時間半。バスから見る景色もとても良いのだとか。
バス以外にも観光タクシーなどがあります。

tabi2(旅ツウ)
posted by 湯めぐり温泉郷 全国版 記録の細道 at 06:00 | Comment(0) | 旅行更新記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。